640枚の絵で作る10点のタングラム「山口の景色」

山口県宇部市の山口大学医学部附属病院のエレベーターホールに私が監修したホスピタルアートを設置いたしました。 病院の患者さん、そのご家族、病院スタッフのみなさんにワークショップを行い、その成果を用いて作品制作し展示するというプロジェクトです。…

ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏

先週、内覧会に行ってまいりました、「ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏」展が東京ステーションギャラリーで開催されています。 僕は4月にこの展覧会でワークショップというか変則的なトークショーを開催することもあり、ここ数ヶ月制作しながらモラン…

近況

先月末に4つ年上の従兄弟が亡くなりまして気持ち的にもどたばたしておりました。私、父が8人兄弟なもので親類はやたらと多くて、従兄弟も数えたら16人いたのですが15人になっちまいました。正月夏休みは祖父母家に親類が集まってわいわいやる、そんな近年で…

ワークショップ「モランディのわざを解剖する」

情報がオープンになったのでまだ実施は先ですがこちらでもお知らせいたします。 東京ステーションギャラリーで2016年2月20日(土)~4月10日(日)に開催される「ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏」展の関連イベントとして、ワークショップを開催しま…

作品が「良い」とは何か

新年早々の幾つかのツイートを記録のために補足しつつコピペ。自作のエスキースをAdobeで作っていてぼんやり考えたことが以下のツイートとなりました。 AdobeのPhotoshopやIllustratorをあからさまな形でなくただ検討の速度を上げるために利用することでアナ…

2015年振り返り

あんまりこういうエントリを書いたことなかったけど、制作の合間、乾燥時間にうろ覚えで振り返り。・1月 小口さん企画のnamギャラリーのグループ展、大阪、konohanaでのおぶくろ展、マキファインアーツでの個展が立て続いた1月。正月もなにも関係なかったよ…

書籍としての引込線 2015

夏に開催した引込線2015の書籍が11月中頃刊行されました。 そしてもう本日ですが、刊行を記念して恵比寿の a/p/a/r/t NADiff店内でトークイベントを開催します。引込線の書籍は展覧会のカタログというわけではありません。展覧会の記録とともに、参加執筆者…

komagataカレンダー 2016

komagataカレンダーの2016年版が発売されています。思えば最初に制作したのはギャラリーナカノさんからカレンダー展の出品の依頼をいただいた時でした。その時、かなり昔にswitch pointの本郷さんと「なにかプロダクトっぽいものがつくれるといいですね〜」…

Maki Fine Arts 5周年記念展 「控えめな抽象」

Maki Fine Artsの5周年記念の展覧会をキュレーションしつつ、自身も参加します。タイトルは「控えめな抽象」です。 私なりのやり方でよい展覧会となるように頑張ったつもりでおります。是非ご覧いただけると嬉しく存じます。 展覧会名:Maki Fine Arts 5周年…

「4 painters 4 paintings」@ mime

すっかり告知が遅くなってしまいましたが、東京造形大学の絵画専攻の学生有志が運営している展示室「mime」企画のグループ展「4 painters 4 paintings」に参加しています。4人の画家が一人1点に限って出品する4点のみのグループ展です。複数出品によって生じ…

末永史尚個展「カモフラージュ」@ギャラリーナカノ

個展「カモフラージュ」 日時;2015年10月9日(金)〜10月12日(月祝)11:00-19:00 会場:ギャラリーナカノ(山口) http://www.gallery-nakano.comギャラリーナカノでの発表はは2014年春の2人展以来です。そこからの1年半の間に愛知県美術館での備品をモチ…

引込線 2015

「引込線(旧所沢ビエンナーレ)」に前回に引き続き参加いたします。今回は実行委員としても関わり、参加者のお声がけからキャプションのカットから2次会の手配まで、何から何まで自分でやるしかない状況で自作も作る、運営もする、というハードな時間を過ご…

末永史尚個展「アンシャープ」

7月4日(土)より大阪のGALLERY ZEROにて個展「アンシャープ」を開催いたします。2014年に愛知県美術館のAPMOA Projectで開催した個展「ミュージアムピース」出品作から選んだ作品と、新作+未発表作で構成した展覧会の予定です。 ぜひご来場くださいますよ…

See SawとK氏のコレクション展

名古屋のSee Sawギャラリーにて「See SawとK氏のコレクション展」が開催されています。 タイトルどおり、See SawギャラリーとコレクターK氏の所蔵作品が展示されています。これに私のタングラム・ペインティングという展示がやっかいな作品が含まれておりま…

えをかくこと #9 <絵をみて話す①:マグリット展>

昨年ブランクラスを会場に開催してきた「えをかくこと」ですが、今年も場所を移し、形式もフレキシブルにして継続することにしました。 昨年はワークショップ的な展開でしたが今年は勉強会のようなものに近くなるだろうと思います。また今回から基本的には企…

展覧会をつくること(画家的に)

どこでこんな流れになったのかわかりませんが、美術家なんですけれども最近は展覧会をつくる側にまわることも増えてきています。 2013年に出品作家として参加した「引込線」、今年も8月〜9月に開催するのですが今回は実行委員として参加しています。東京造…

ものが良い

それなりに年齢を重ねてきたからでしょうか、興味の対象が絞れてきたといいますか、興味のあるところでどんどん深くなってきているといいますか、近年ますますアートシーン的なるものよりも日本の古い美術に関心が向かっておりまして。神社や寺院をまわり、…

メモ

真っさらなキャンバスというのに描くことができないというか受け入れることができない。縦横の比率は私の必然で生まれたものではなく気持ちが悪い。描きながら更新できれば良いかと思い試みたこともあるが手順的にうまくいかない。デジタルデータのようには…

「dreamers(ドリーマーズ)」展に参加しています

CAMPの連休中の企画「ホテルCAMP」内のイベント「dreamers(ドリーマーズ)」展に参加しています。これはblanClassに宿泊する人の夢の中のグループ展です。よいお題をいただいたので楽しくなってしまい頑張って制作しました。 またホテルCAMPでは宿泊時間以…

Remasta.オープンスタジオ6 / 佐々木耕太 個展「 Site, Space, Scene 」

末永が普段制作しているスタジオでペインターの佐々木耕太くんの個展を開催します。前回が2012年なので本当に久しぶりになってしまいました。忙しかったこともありますが、この企画は定期性をもたないのでぼくが本当にやりたいな、と思わないかぎりやらなく…

木鷽

最近というかここ数年は日本の古いものへの興味がどんどん増しておりまして。本日は湯島天満宮と亀戸天神社に鷽替え神事にいってまいりました。神仏への信仰心のカケラも持ち合わせぬ私ですが文化としての信仰や習慣には興味があり…という以前にひたすら「木…

グループ展「Director’s Eye #3 長谷川 新 「OBJECTS IN MIRROR ARE CLOSER THAN THEY APPEAR」」

個展と同日より開催、しかも大阪で、のため展示もオープニングも行けないままの参加ですが、長谷川新さんのキュレーションする展覧会に参加します。タングラムペインティング数点をお送りし、長谷川さんに自由に展示してもらうことになっています。もともと…

個展「放課後リミックス」

年明けの10日より東京では1年ぶりの個展「放課後リミックス」を開催します。ここ数年の関心ごとである、会場と関連のある作品とタングラムペインティングの新作による展示となります。遠くのものを思うための作品ではなく、ここを思うこと。会場に関連する作…

えをかくこと #8 <似た絵を探す>

月一ペースで開催してきたblanClassでの絵画CAMP「えをかくこと」。ひとまずの最終回である今回の企画は末永です。 これまででひととおり絵にまつわるもろもろのことが出尽くした感はありましたが、前回の批評的な話を受けて「似ていること」についてのお話…

えをかくこと #7 <私が描きました>のレポート

BlanClassでツキイチ企画の絵画CAMP、7回目のは荻野僚介氏企画による「私が描きました」を開催しました。写真では何も伝わらないのですが、一応レポートです。 絵を描く人と絵を描かない人と「えをかくこと」について話し合います。今回は、他人の絵を自分が…

CSP2 手法の触感

ブログでの告知が遅くなってしまいましたが昨年よりスタートした東京造形大学の絵画専攻と彫刻専攻の卒業生アーティストの紹介企画「CSP」の第2回展「CSP2 手法の触感」が始まりました。この企画は絵画・彫刻の教員や卒業生等有志が運営しており私も企画運営…

カレンダー展@R

西麻布にあるカフェ「R」のカレンダー展に昨年に引き続き今年も参加いたします。 私はkomagataカレンダーを出品しています。切り離す前のシートの状態も展示する予定です。 是非お立ち寄りください。会期:2014年11月14日(金)〜20日(木)※日月休み 時間:…

えをかくこと #6 <道具について考える>のレポート

ブランクラスにてツキイチ企画の絵画CAMP、今回は大槻英世氏企画による「道具について考える」を開催しました。 絵を描く人と絵を描かない人と「えをかくこと」について話し合います。今回は、出演者それぞれが絵を描く道具を持ち寄り、お互いの道具を交換し…

「複々線」

愉快展が終わって間もないところではありますが、再び現代ハイツでのグループ展に参加します。 メンバーは「昨年の引込線的ななにか」です。それぞれの制作物の他に『「A4サイズの冊子の1ページを自由に使ってよいという条件」でA4サイズの紙1枚(片面のみ)…

「1974 第2部 1974年─戦後日本美術の転換点」を観てきました

第一部に私も参加した群馬県立近代美術館の「1974 第2部 1974年─戦後日本美術の転換点」展をようやく観に行ってきました。ほんとうはレセプションなどにも参加したかったのですが、愛知の展覧会のトークと重なっていて断念。その後あれこれ忙しくしている間…