グループ展「Director’s Eye #3 長谷川 新 「OBJECTS IN MIRROR ARE CLOSER THAN THEY APPEAR」」

個展と同日より開催、しかも大阪で、のため展示もオープニングも行けないままの参加ですが、長谷川新さんのキュレーションする展覧会に参加します。タングラムペインティング数点をお送りし、長谷川さんに自由に展示してもらうことになっています。もともと…

個展「放課後リミックス」

年明けの10日より東京では1年ぶりの個展「放課後リミックス」を開催します。ここ数年の関心ごとである、会場と関連のある作品とタングラムペインティングの新作による展示となります。遠くのものを思うための作品ではなく、ここを思うこと。会場に関連する作…

えをかくこと #8 <似た絵を探す>

月一ペースで開催してきたblanClassでの絵画CAMP「えをかくこと」。ひとまずの最終回である今回の企画は末永です。 これまででひととおり絵にまつわるもろもろのことが出尽くした感はありましたが、前回の批評的な話を受けて「似ていること」についてのお話…

えをかくこと #7 <私が描きました>のレポート

BlanClassでツキイチ企画の絵画CAMP、7回目のは荻野僚介氏企画による「私が描きました」を開催しました。写真では何も伝わらないのですが、一応レポートです。 絵を描く人と絵を描かない人と「えをかくこと」について話し合います。今回は、他人の絵を自分が…

CSP2 手法の触感

ブログでの告知が遅くなってしまいましたが昨年よりスタートした東京造形大学の絵画専攻と彫刻専攻の卒業生アーティストの紹介企画「CSP」の第2回展「CSP2 手法の触感」が始まりました。この企画は絵画・彫刻の教員や卒業生等有志が運営しており私も企画運営…

カレンダー展@R

西麻布にあるカフェ「R」のカレンダー展に昨年に引き続き今年も参加いたします。 私はkomagataカレンダーを出品しています。切り離す前のシートの状態も展示する予定です。 是非お立ち寄りください。会期:2014年11月14日(金)〜20日(木)※日月休み 時間:…

えをかくこと #6 <道具について考える>のレポート

ブランクラスにてツキイチ企画の絵画CAMP、今回は大槻英世氏企画による「道具について考える」を開催しました。 絵を描く人と絵を描かない人と「えをかくこと」について話し合います。今回は、出演者それぞれが絵を描く道具を持ち寄り、お互いの道具を交換し…

「複々線」

愉快展が終わって間もないところではありますが、再び現代ハイツでのグループ展に参加します。 メンバーは「昨年の引込線的ななにか」です。それぞれの制作物の他に『「A4サイズの冊子の1ページを自由に使ってよいという条件」でA4サイズの紙1枚(片面のみ)…

「1974 第2部 1974年─戦後日本美術の転換点」を観てきました

第一部に私も参加した群馬県立近代美術館の「1974 第2部 1974年─戦後日本美術の転換点」展をようやく観に行ってきました。ほんとうはレセプションなどにも参加したかったのですが、愛知の展覧会のトークと重なっていて断念。その後あれこれ忙しくしている間…

愉快展終了しました!

現代ハイツで開催していました「愉快」展、終了いたしました。ご覧頂いたみなさま、ありがとうございました! 末永史尚作品。CDケースを模したペインティング。全部にモティーフがあります。 冨井大裕作品。 吉雄介さんの愉快な彫刻。 吉雄介さんの問題作。 …

HEART2014 県美展アーティスト交流企画「組み替え絵画をつくる」開催しました

生まれ故郷の山口市でタングラムパズルをモチーフにした絵画作品「タングラム・ペインティング」の簡易版を制作するワークショップを開催しました。 ワークショップ会場。アーケード商店街にあるイベントスペースです。 ワークショップ用台紙。今回はアクリ…

ヒロセコレクション訪問記

明日のワークショップのため山口に向かいつつも広島で途中下車して念願のヒロセコレクションへブリンキー・パレルモ展を観に行ったのでした。HIROSE COLLECTION | ヒロセコレクション HIROSE COLLECTION | ヒロセコレクション ヒロセコレクション 12 パレル…

HEART2014 県美展アーティスト交流企画「組み替え絵画をつくる」

故郷、山口市の山口県立美術館は県美術展の時期に関連事業としてHEARTという商店街と共同で地域交流型のアートイベントを開催しているのですが、今回私もその一環として商店街のイベントスペースでワークショップを開催します。 開催日時は11日(土)13:30〜…

「愉快」展

昨年の年始に開催しました「空似」展の続編となる展覧会「愉快」展、本日より開催いたしております。 成り行きで開催した「空似」展からさらに成り行き(空似展打ち上げの帰り道にテーマを思いついた)で開催が決まった本展。今回も毎月開催した打ち合わせと…

APMoA Project, ARCH vol. 11 末永史尚「ミュージアムピース」ブログ感想戦

愛知県美術館で開催中のAPMoA Project, ARCH、末永史尚「ミュージアムピース」、早いもので会期もあと2日となりました。ご来場頂いた皆様、ありがとうございます。 展覧会の感想をブログで書いてくださっていたり、トークの文字起こしをしくださったりとWEB…

絵画CAMP えをかくこと #5 <絵を持つこと>のレポート

今年春からCAMP企画、blanclassを会場に今井俊介、大槻英世、荻野僚介、末永史尚、五月女哲平、立花博司をレギュラーメンバーとして連続して開催している「えをかくこと」。その5回目<絵を持つこと>を開催しました。CAMP: えをかくこと #5 絵を描く人と絵…

山口市のフリーマガジン「teteyoto」9月20日発行の号に僕がほんのちょっと寄稿いたしております。

山口市のフリーマガジン「teteyoto」9月20日発行の号に僕がほんのちょっと寄稿いたしております。お近くの方、是非手にとって御覧ください! そしてその原稿を(文字数確認せずに)書いていたときに自分でひっそりとボツにしたロングなやつがまとめ切れぬま…

「大織部展」「これからの写真」

朝から佐藤くんたちと岐阜県現代陶芸美術館の「大織部展」へ。これまたすごい作品量。眼福でございます。価値の創作と、そこから過去の作品を参照しての独自性の発揮をモノから読み取るのは本当に楽しい。 Instagram 多治見で昼食と買い物しつつ名古屋に戻り…

岐阜県美「熊谷守一展」、愛知県美「ミュージアムピース」トーク、山下ビル「パープルーム大学」

愛知県美術館で開催中の「APMoA Project, ARCH vol. 11 ミュージアムピース」展のアーティストトークのため名古屋へ、の前に朝イチで岐阜県美術館の「熊谷守一展」に。出品数約400点。もう少しペース配分できたかもしれないけど見たい作品の前ではやはり足を…

komagataカレンダー2015が出来ました

2011年版よりいつの間にか毎年作ることになっているkomagataカレンダーですが来年版も出来上がったのでお知らせいたします! 同じ方法で作っているのに最終的な表情はけっこう変わってくるので制作していて楽しいです。 ひとまず13日に愛知県美術館でのギャ…

群馬県立近代美術館「1974年に生まれて」展会場写真

Facebookにはアップしていたのですが、こちらではまだでしたので先月末会期を終えました群馬県立近代美術館の「1974年に生まれて」展会場写真を掲載します。「1974年に生まれて」展の出品者は6名。展示は宮永愛子、小林耕平、水野暁、土屋貴哉、春木麻衣子、…

SNSの話

確か2007年でしたか、僕がTwitterをはじめたのは。その頃はやっている知人もほとんどおりませんでした。まだmixi組とか残ってましたからですかね。そんなTwitter、一度はじめてしばらく放置していましたが、半年くらいして戻ってみたらちょっとずつ楽しくな…

絵画のおヘソの話

コンセプチュアル・アートに分類される作品を制作し始めてからの河原温氏は自作と河原温という人間との関係を断つかのごとくご本人は極力表に出られることはなかったわけですが、それ以前は美術雑誌にも登場し、雑誌の座談会にも参加され、自作についての文…

豊嶋康子個展と猪熊弦一郎展

うちからそう遠くない小金井市の武蔵小金井駅から徒歩15分くらいのところに中村研一記念小金井市立はけの森美術館という小さな美術館で猪熊弦一郎展が開催されているとのことでしたので行ってきました。 猪熊弦一郎展 2014 どんなことをしても僕なんだ 中村…

Suppa Micro Pamchopp「original works」

ふと昼間Twitterをのぞいていたら敬愛する音楽家・スッパマイクロパンチョップさんの新譜手売りツイートを目にして思わずリプライして購入いたしました。最寄り駅で待ち合わせてmixCDと合わせてゲット。ご近所なのですよ。 数日前よりリリース情報を得ていた…

自主企画たるもの

齢も40目前ともなるとこれまでの自己責任な自主企画ばかりでなくもう少し広範に他人を巻き込むことになる自主企画展に実行する側とし関わることも増えてくるものですね。と、まるで向こうからなにかがやってくるばかりのように書いていますが半分以上自分で…

どっちがいいんだ問題

何だかんだで自作も含め、絵の「良さ」がマテリアルに依っているものってある気がします。絵を描くとき、画布の布目がきれいな方がよいとされています。安いキャンバスは確かに目が揃っていなくて気持ち悪いものです。で、いい絵って、実は描かれているもの…

「1974年に生まれて」展の図録ができあがっています

会場写真掲載のため会期開始後の制作となっていた群馬県立近代美術館で開催中の「1974年に生まれて」展のカタログが出来上がっています。 カタログデザインは印象的な年表チラシと同じ大西正一さん。もともと写真をやってらしたということで、図録の写真も全…

「これからの写真」展の鷹野隆大作品の件

たまたま書く時間があり、何を考えたかまとめるためにたまにはブログに書いて残すもよかろうと思い書いてみることにしました。私もたまたま同じフロアで展示をしていますし、知人であり、表現者として尊敬している鷹野隆大氏のことでもあります。愛知県美術…

「APMoA Project, ARCH vol.11 末永史尚 ミュージアムピース」

愛知県美術館の展示室6にて「APMoA Project, ARCH vol.11 末永史尚 ミュージアムピース」がはじまりました。企画は学芸員の副田一穂氏です。 今回はこれまでの自作を単に持ち込むのではなく、この機会を利用してできることについて考えつつ、副田氏と打ち合…

えをかくこと #4 <絵をプラカードのように持って外に出る>

CAMP企画で月一ペースで開催されている「絵画CAMP」の4回目に出演ました。その記録です。 絵を描く人と絵を描かない人と「えをかくこと」について話し合います。今回は、1時間だけの展覧会を開催します。ゲストそれぞれが選んだ絵を、プラカードのように自分…

群馬県立近代美術館の展示作業一日目

群馬県立近代美術館の展示作業一日目。 9時半美術館着。僕は他の作家さんの様子をうかがいながら、と思いプランを固めず来たので午前中はほぼ開梱しつつ館内ウロウロして思案。お昼ご飯を食べ終えたあたりでいくつかやりたいことが出来たので一つ一つ許可を…

自分が作ったパズルの絵が自分に突きつける問題は意外と少なくないのだと知る。

ピンと張った麻キャンバスに綺麗に乗った油絵具は確かに美しいのだけど、その美しさは使い古された美しさだと思うのですよ。

絵に対して真正面からぶつかっていないのではないか、と感じることに対する負い目はありつつも、この角度を見つめ続ければこっちも正面になるぞなどと考えてこの方向を進んでいるのです。 中身を入れ替えるだけで、入れ物はそのままでいいの?その絵のサイズ…

HEART2013関連企画 秋貞勇・末永史尚2人展

会場 ギャラリーナカノ(山口市) 会期 2014年3月26日(水)〜30日(日) 時間 11:00〜19:00(最終日は18:00まで)山口市のギャラリーナカノでの2人展に参加いたします。お相手は私の山口受験浪人時代に絵を教わっていたアーティストの秋貞勇さんです。秋…

作品を説明のつく状態から踏み出させること。

絵について

3月3日午前2時40分、Tくんとのメッセージのやりとりで自分の書いたものより いま絵画として認められたかたちの中でちょっとしたクセの差を個性として作家性の骨にすることにあまり意味を感じないだけです。 根っこから新しいこと、人と違うことをやろう…

色の選択について

3月3日午前3時、Tくんとのメッセージのやりとりで自分の書いたものより 古びる色というのは、ひよっとしたら恣意的(根拠の薄い、その色にする理由のない)に色を選んでいるときに生まれるのかも知れません。 リヒターの絵の多くが古びないのは混色しない…

5周年記念「ホバリング」展@ SeeSaw Gallery

会期:1期 2014年1月11日(土)―2月1日(土) 2期 2014年2月8日(土)―3月8日(土)※日〜火休み 時間:水、木は12時〜17時、金、土は12時〜19時 会場:SeeSaw Gallery http://www.cafe-see-saw.com 出品:原健、末永史尚3年前に個展を開催したSeeSaw Gall…

壁ぎわポッドキャスト

冨井大裕氏を中心に、私がサポートで関わって運営されている「壁ぎわ」の活動の一つにポッドキャストの配信があります。収録されているのは主に壁ぎわの展示に関するトークや冨井氏のあちこちでのたくさんのイベントでのトーク、ぼくの僅かなトークなど。始…

「ダイ チュウ ショー 最近の抽象」展

http://daichushow.wordpress.com 会期:2013年12月21日(土)―12月28日(土)*24日(火)は休館 会場:府中市美術館 1階 市民ギャラリー 10:00-17:00 LOOPHOLE 12:00-19:00 出品:秋山 幸、池崎拓也、今井俊介、EKKO、O JUN、大久保あり、大槻英世、荻野僚…

壁ぎわ企画「掲示」展

http://kabegiwa.com/news.html 会期:2013年11月25日(月)―12月7日(水)日休 時間:10:00-18:00 会場:日本大学藝術学部江古田校舎 西棟地下 1 階 美術学科彫刻アトリエ前廊下 出品:今井俊介、荻野僚介、末永史尚、水戸部七絵、土屋貴哉、豊嶋康子 トー…

カレンダー展

会期:2013年11月15日(金)―11月20日(水)会期中無休 時間:12:00-20:00 会場:R http://merge.co.jp/R/ 出品:山口信博、末永史尚、石田智之、大隅圭介、鎌田充浩、そぼろ、田島嗣土、矢原由布子、山元かえ 西麻布にある「R」という喫茶店で開催されるカ…

末永史尚個展「目の端」@ switch point

http://www.switch-point.com/2013/1315suenaga.html 会期:2013年10月24日(木)-11月9日(土) ※火曜日と水曜日お休み 開場時間:11:30-18:30 (最終日11:30-17:00)switch pointでの5年ぶりの個展にして東京では同じく5年ぶりの新作での個展です。 Googleの画…

浅野孝之、末永史尚、槙原泰介「安全な場所|Safety Place」@TALION GALLERY

会場:TALION GALLERY http://www.taliongallery.com 会期:2013年9月14日(土) - 10月12日(土) 開廊時間:火−土 11:00 - 19:00 定休日:日, 月, 祝日 オープニング・レセプション:9月14日(土) 18:00-20:00 出品作家:浅野孝之、末永史尚、槙原泰介htt…

引込線展作品の取材写真

「引込線2013」

http://hikikomisen.com 会期:2013年8月31日(土)―9月23日(月・祝) 会期中無休・入場無料 時間:10:00-17:00 会場:旧所沢市立第2学校給食センター (埼玉県所沢市中富1862-1)参加アーティスト:伊藤誠、遠藤利克、荻野僚介、利部志穂、倉重光則、末永…

絵の大きさのこと(VOCA 2013展の出品作について)

今回VOCA展に出品している「タングラム・ペインティング」はシルエットパズルのタングラム・パズルをモチーフにした絵画作品です。60×60cmの正方形をタングラム・パズルの形で分割した形のパネルに描画されており、展示状況によってその形は変化させること…

『VOCA展2013 現代美術の展望─新しい平面の作家たち』

http://www.ueno-mori.org/voca/2013/出品作家: 蒼野甘夏、石井七歩、出月秀明、伊藤遠平、瓜生祐子、江川純太、王子直紀、大紾のぶゆき、太田祐司、大矢加奈子 、岡田真希人、尾崎嶺、鹿野震一郎、加茂昂、菊地敦己、小谷野夏木、近藤亜樹、笹井青依、佐藤…