「視点」

を持ち込むのが嫌なんだな、と
作品に関して最近気付いた。
いや、作り始めてたときに強く思っていたけど言葉にして考えることは忘れていたのを思い出した。
見る位置によって見え方が違うものを描くこと=視点を選ぶことはおそろしく強い選択の基準が必要な気がして、じぶんにはそれがないことも自覚していて、それは今の制作方法にも直結しているとおもう。
すでに人の視点をよってフラットに定着されているものを描くことで解消しようとしていたわけだ。

ちなみに
写真を撮ることもどこを切り取っていいか判断がつかなくてうまく出来なかったのだが、デジカメを使うようになって撮るようになった。撮る前に慎重にならなくても、適当に沢山撮って不要なものを捨てていけばいいからだ。

広告を非表示にする