造形日

朝から造形大。
造形ギャラリーで開催中の絵画の教務補佐3人によるグループ展「rgb」を見。充実した展覧会でした。
休み時間に控え室にあるBT10月号掲載の沢山遼さんの論文「レイバー・ワーク」をようやく読む。カール・アンドレ論。美術を学んできたものからすると作品を見る角度がカクッとかわって視界が広がった感があって興味深く読み。つつ、「今」とどう接続できるんだろうかという思いもあり。
帰宅後作業。

夜はCAMPのこれ→http://ca-mp.blogspot.com/2009/12/091215.html
ustream中継を聞きながらtwitterものぞきつつもしていました。友人らのスピーチと飲み会をウェブ中継で眺める不思議さ。

広告を非表示にする