読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中裕之個展 「モンタージュ」

http://www.kabegiwa.com/09_montage.html
会場:現代HEIGHTS Gallery Den
会期:2010年4月15日(木)-27日(火)13-22時 ※初日17時-22時
主催:KABEGIWA
協力:現代HEIGHTS Gallery Den
トークイベント:田中裕之+末永史尚(画家)+α
16日(金)19時より ※予約不要, 参加の方は1ドリンク注文 

田中裕之は1976年生まれ, 2003年から2005年までCARBON DALE(PARIS)に勤務し, ルイ・ヴィトン パリ本店などを担当. 帰国後の2006年, 田 中 裕 之 建 築 設 計 事 務 所を設立し,さがみ野の家(2006-2007年),日吉の家(2008年), doors(2009年)などの住宅の内装設計や, 末永史尚・冨井大裕・村林基の3人展「ニューバランス」(Gallery Archipelago,2008年)の展示コンダクト, 山極満博「PALE BLUE」展(BASE GALLERY, 2010年)での展示什器製作などの現代美術のプロジェクトにも関わってきました.
今回の個展はプロジェクトへのアプローチの方法をとらえるキーワードとして田中自身が挙げた「モンタージュ」という語をきっかけに, 現代HEIGHTS Gallery Denという場で仮設的に展開可能な空間を提示します.


Montage

あたりまえだけど, 建築をつくるということは床や壁, 天井といった要素をどう扱うかということしかなくて, 環境といってもそれを設計として役立てるには周囲にある具体とどうやって折り合いをつけるか、どう溶け合っていくかしかない.
モンタージュという意味には文字通り, そういった要素を組み立てるという意味の他に, 周辺の環境, もっといえば都市環境のようなものを合成するという意味も含めたかった.
そして, そういったあたりまえの操作の果てにできる建築を, それを使う人や見る人にとって, やはり感動するもにしたいと思っていて, この展覧会はそういった考え方を押し進めるためのたいへんよい訓練の場であると思う.(田中裕之)

現在出品開催中の造形大マンズー美術館の展示什器を設計していただいた建築家の田中裕之さんの個展です。
私もトークイベントに参加しています。田中さんの仕事を紹介する聞き役みたいなことをしつつ、今回の展示什器のこと、以前展示コンダクトをしていただいたニューバランス展のことなどをお話できればと思っています。