末永史尚「名をつくる」at blanClass

一ヶ月後ですが、横浜市の井土ヶ谷にあるblanClassにて一日だけのグループ展+トークイベントを開催します。小林さんからblanClassは「作品以前の気になることを実験して良い場所」「変なことをやって」という旨のお話をうかがっていたので、他では出来ないイベントを企画してみました。複雑なプロセスで進行しているのと、作品との出会い方を大事にしたいので現段階では情報を全てオープンにしませんが、是非この日予定をあけておいていただけるとうれしいです。

日程:2018年3月17日(土)
展覧会:13:00〜19:00 入場無料
イベント:19:30〜 入場料:1,500円(ドリンク別)
場所:blanClass(横浜市南区南太田4-12-16)

                            • -

アクセス:京浜急行「井土ヶ谷」駅の改札出て正面の信号わたりすぐを左折、一つ目の交差点を右折、二つ目の角を左折、三井のリパーク後ろ、blanClass看板がある細い段々を上がって右の建物2階
https://goo.gl/maps/whKbkCFnEoL2

私がずっと気になっていたことの一つに、「歴史に名が残っているアーティストの名前が特徴的なこと」がありました。赤瀬川原平梅原龍三郎、菅井汲、斎藤義重…。また現在活動中の色んなアーティストに出会うのですが、名前が特徴的で、作品のイメージと結びつきやすい名前だと活躍していくような気がしています。舟越桂奈良美智草間彌生…。逆に、名前に特徴がないと作品が良かったとしても覚えられていかないのです。ひょっとしたら、名前の時点でアーティストの何かが最初から決定されているのではないだろうか?
「アーティストが作品をつくる」という回路をひっくりかえし、「アーティストの名前が作品をつくる」可能性について考えるための一日だけの展覧会と、イベントを考えました。制作者それぞれが今持っている名前をいったん無くして制作し、作られた作品にふさわしいアーティストの名前を与え、その制作者の作品として作品を見てみます。
「名前」「作品」「タイトル」の組合せの中で、見えてくる作品の印象がどう変化しているのか、実験的な場で体感し、アーティストにとっての名前の作用について話し合ってみたいと思います。(末永史尚)


f:id:kachifu:20180220214956j:plain