読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年カレンダー「komagata」

告知


去年好評だったことで調子に乗って、今年もカレンダー「komagata」を制作しました。
制作プロセスは昨年と同じで漫画のコマの形に分割したA3のシートに穴をあけ、糸で束ねています。
同じプロセスではありますが、コマの選択や色の微妙な違いで昨年とけっこう雰囲気が変わりました。また、昨年よりも若干大小の変化を小さく、色の発色を強めにしています。
カレンダーの文字部分は昨年版とおなじく、グラフィックデザイナーでもあるスイッチポイントの本郷さんに協力をお願いしました。
価格は昨年からちょっとだけ値上げさせてもらって、800円です。

東京では、国分寺スイッチポイント
名古屋ではCafe+Gallery See-Sawと、愛知県美術館下のナディッフにて販売していただいています。

上記エリア外でご購入を希望される方は、私宛にメールをいただければ送料梱包料(200円)+振込手数料をご負担頂いた上で直接お売りいたします。
メールアドレスは本ブログ左の「プロフィール」に載せています。




大きさはばらばらで、重ねると、でこぼこがたがたの四角。この四角は、まんがのコマのカタチです。
まんがのコマは、ひとつひとつはひとつの情景描写の絵であり、それがつながることで読者はコマの間の時間の流れをつなげながら物語を読み取ります 。 かたちは直角形でもその機能を果たせるのですが、(初期のまんがはそうで した)今の漫画のコマはナナメにしたり、大小つけたりとさまざまです。 私はそれを、ページを開いたときの視覚的なリズムによって時間の流れや物 語上の強弱を生み出す、ゆたかな工夫だと思っています。
これは誰でも感じていることだと思うのですが、一年間の時間の流れにも強 弱があります。8月はゆっくりで、11月はあっという間だと思うことがあれ ば、その逆の年もあったりと。 そして、私はこのカレンダーにおいて、そんな不均質な時間や季節に少しでもフィットするカレンダーに、コマのかたち を応用してみることにしました。
この「komagata」カレンダーは、はA3の用紙を漫画のコマの形に分割し、 コマ一つを一月分の日付を記した綴じたカレンダーです。 あらかじめ印刷してあるのでコマのカタチや大きさはは変えられないのです が、ゆるく綴じてあるので重ね方、 綴じ外しは使う人にお任せです。 また、カットはわざとコマの線と少しずらしているので、ひとつひとつちょっとずつ違うものになっています。 いろいろ組み合わせ方を変えて、それぞれの月が楽しく過ごせる重なりが見つかりますように!