Search & Destroy

インターネットの検索エンジンとイメージの関わりに関する作品の展覧会「Search & Destroy」に参加します。私はもちろん画家の名前で検索した結果画面を絵画化したサムネイルのシリーズを出品します。新作含む4点を展示の予定です。是非ご高覧ください。


Search & Destroy
日時:2017年9月29日(金)〜10月15日(日) 13:00〜20:00
休廊:水曜、木曜
会場:TAV GALLERY(東京)
http://tavgallery.com/searchdestroy/

参加作家:岩岡純子、JOKAI、末永史尚、竹内公太、渡辺篤
キュレーター:佃義徳

検索エンジンによるイメージの結果から、再構と破壊を試みる現代美術家、計5名によるグループ展「Search & Destroy」を、9月29日(金)より10月15日(日)まで開催いたします。一つのプラットフォームや検索エンジンを通し、個人に基づくあらゆる情報が中央集権的に溜まり続ける中、現代美術により情報の価値を捉え直します。展覧会タイトルはベトナム戦争中にアメリカ軍の総指揮監ウィリアム・ウェストモーランが遂行した戦術「サーチ・アンド・デストロイ作戦」から引用、尚、本展のキュレーター・佃義徳は「Search & Destroy」について、次のように語っています。

「2017年時点で生活に欠かせないネットの検索機能は、現代人の認識や思考活動に影響を与え、その影響を受けていないアーティストは少ないかと思います。あまりにも日常的になり過ぎた検索機能とその結果は、時期、場所、人によっても結果が変動し、間違いを含んでいるにも関わらず、多くの人にとってなくてはならない一つの指針となっています。

これは、現代人のPCやスマホの端末というある種の車窓から見る移ろいやすい風景のようなものです。何をサーチして何が見え、何が認識されるのか、さらに破壊されるものは何か、世界中で常時繰り返される膨大な数のサーチの一部を作品に取り入れた作家による作品展示です。」

TAV GALLERYでは初となるアート・アドバイザー佃義徳による企画展「Search & Destroy」と、岩岡純子、JOKAI、末永史尚、竹内公太、渡辺篤の計5名の展開に、是非、ご期待ください。

広告を非表示にする

「美術五傑展」と「末永史尚美術研修会 自分で展覧会を企画し、発信するということ」

出身地・山口市のギャラリーナカノでグループ展に参加します。いつも山口県美術館で県展の開催される時期に展覧会を設定していただいて嬉しいです。
今年制作した作品を展示します。また、会期中にmirai365にてトークします。自主企画で展覧会を企画したり情報を発信することについて、自分が行ってきた諸々のことを報告したいと思っています。

美術五傑展

日時:2017年9月29日(金)〜10月8日 11:00~19:00
会場:ギャラリーナカノ(山口)
http://www.gallery-nakano.com

参加作家:臼杵万理実、白藤さえ子、末永史尚、平井槙、山口功

HAERT2017関連企画 末永史尚美術研修会 自分で展覧会を企画し、発信するということ

日時:2017年9月30日(土) 18:00~20:00
会場:mirai365 山口市米屋町(中心商店街内)
定員:50名(予約者優先) 対象 50歳以下の美術家および美術家を目指す人
助成:やまぐち若手芸術家等スキルアップ支援事業
主催:ギャラリーナカノ

引込線 2017

所沢市の旧給食センターを会場にした美術作家と執筆者による自主企画の展覧会、引込線 2017に参加します。
今回は前進の「所沢ビエンナーレ」のを立ち上げメンバーだった戸谷さんや中山さん、遠藤さんが運営から抜けています。深い意味はなく、プレ展から数えて5回を一区切りとしたいと元々考えていたそうで、ここで終わらせても良いし、若手メンバーでこの枠を使って続けたいのであれば継続したら、とのことだったのです。そして話し合いの末、継続を決めてのリニューアル第一回目となります。
続けていると観客からは「またか」というような反応になりそうですが、私が関わっている3回の中でも毎回前回の反省を生かして良くしようという試行錯誤があり、ムードが異なります。
普段の活動が良い作家が集まれば良い展覧会になるわけではなく、モチベーションやチームのムードが重要といいますか、こういう展覧会というのはけっこう危ういバランスで成り立つものだなと考えさせられるのです。

良い方向に向かわせたいと毎度試みはあるのですが、うまくいってたとしても同じことは二度できない。難しいです。

しかも今回はデザイナーも森大志郎さんに変わって、書籍の方もこれまでのやり方を検討しなおさざるをえなくなりました。
でもおかげで良いものになる予感があります。

私の思う引込線の魅力はキュレーターのいない自主企画展なのに世代がバラバラであり、普通にやっていたら出会わない者たちが顔を合わせることで生じる何かにあると思っています。今回もその面白さが滲み出るような展示になっているとよいのですが。
この記事を書いている時点では私はまだ完成した展示を見ていないのですが、隙間少なく要素の詰まった展示になりそうです。

その辺りも含めてご覧頂けましたら、とてもありがたく思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
___________________

引込線 2017
展覧会会期:2017年8月26日(土)―9月24日(日)
休場日:火曜・水曜
開場時間:10:00―17:00
展覧会場:旧所沢市立第2学校給食センター(埼玉県所沢市中富1862-1)
参加美術作家:
伊藤誠、うしお、遠藤利克、大久保あり、大野綾子、川村元紀、構想計画所、近藤恵介、末永史尚、高嶋晋一+中川周、寺内曜子、戸田祥子、冨井大裕、中野浩二、二藤建人、blanClass、水谷一、箕輪亜希子、村田峰紀、吉川陽一郎(20名)

イベントや会場へのアクセスなどは下記ウェブサイトを御覧ください。
http://hikikomisen.com/index.html

参加執筆者:
阿部真弓、荒川徹、粟田大輔、池野絢子、石川卓磨、上崎千、勝俣涼、柄沢祐輔、木原進、中尾拓哉、中島水緒、林卓行、前山裕司、松井勝正、峯村敏明、柳澤田実(16名)
※展覧会記録集と論考集を兼ねた書籍は会期中予約販売し、来年1月に発行します。

主催:引込線2017実行委員会
助成:公益財団法人 テルモ生命科学芸術財団、公益財団法人 花王芸術・科学財団、公益財団法人 朝日新聞文化財団、武蔵野美術大学、公益財団法人 野村財団
協賛:コエドブルワリー
後援:所沢市所沢市教育委員会

引込線2017運営委員会
実行委員長:伊藤誠
運営委員:粟田大輔、石川卓磨、勝俣涼、末永史尚、前野智彦、戸田祥子、冨井大裕、中島水緒、水谷一、箕輪亜希子、吉川陽一郎

広告を非表示にする